大阪でお風呂リフォーム・キッチンリフォームするならイズホーム水まわり専科へ

コンシェルジュのリフォームコラム

コンシェルジュのリフォームコラム

シンクの活用方法−大阪のキッチンリフォームはお任せください!

キッチンのシンクは今や洗い物だけではなく、
色々な用途で使いやすくなっています。
今回はシンクの素材に加え、機能や使い勝手もご紹介いたします。


まず、シンクの素材について
ステンレスと人工大理石が大半を占めます。
ステンレスは弾力があり、お皿が割れにくい、
変色せず、清潔に保てるというメリットがあります。
人工大理石は、やはりインテリア性が高く
すっきりとした印象になります。


キッチンの天板と同素材を選ぶと、天板とシンクの継ぎ目が出来ず
掃除がしやすくなります。
それとは反対に、例えば天板:人工大理石+シンク:ステンレスの
組み合わせになると継ぎ目に段差ができ、汚れが溜まりやすくなります。
ただし上記の組み合わせの場合でも、『シームレス接合』という継ぎ目をなくす
工夫をした商品もありますので、汚れの気になる方へお勧めです。


◆パナソニック 
 スキマレスシンク
継ぎ目を隠すシームレス設計。


次に、シンクの清掃性について
ゴミが排水口まで流れやすくなる形状のシンクもあります。
わざわざ水で洗い流したり、集めたりしなくても
水を流すだけで簡単にゴミを排水口まで集めてくれます。


◆TOTO
 すべり台シンク

シンクの底面に傾斜をつけ、排水口を隅に寄せたレイアウト。


◆クリナップ
 流レールシンク

『流レール』にゴミや汚れを集めながら水が流れ
ゴミを排水口まで流してくれる。


その他、シンクが調理スペースになるものや
水切りカゴとしてシンクスペースを有効的に使える商品もあります。
調理スペースが狭いとお悩みの方へ
お勧めの商品です。


◆タカラスタンダード
 家事らくシンク

シンクを3層に活用して作業スペースを拡大。


◆LIXIL
 Wサポートシンク

 
2つのレーンを活用し、プレートや水切りカゴを組み合わせ
水を使う作業を効率よく行える。


シンクだけでも各メーカー様々な種類があります。
使い勝手に応じて、ご検討ください。
また以前に比べ、最近ではシンクが大きいものが多く
調理スペースが狭くなってしまうこともあるため
今現在ご使用のシンクと比較しながら、考慮して頂くことをお勧めします。


大阪府内(一部地域を除く)、近隣エリアのリフォーム工事を承っております。
キッチン、お風呂リフォームはぜひ当社へお任せください。

カテゴリー:キッチン

この記事は、2019.04.23コンシェルジュ温川が書いています。

 

用途にあわせた洗面台の鏡をチョイス−大阪の洗面リフォームはお任せください!

洗面化粧台をご検討の際、サイズや収納に目が行きがちですが
鏡も従来より格段に進化しています。


例えば、従来は鏡のくもり止めというと
電気で温めるヒータータイプが主流でしたが、
現在ではくもり止めのコーティングを施しており
電気代や時間もかからずに使用できます。


◆LIXIL 
 くもり止めコーティング

ヒーターの消し忘れもなく、消費電力なし。


また、ヒゲ剃りやメイク、コンタクレンズの脱着に適した
顔が明るく映るよう、工夫された商品もあります。


◆タカラスタンダード
 フェイスクリアミラー

2本の縦に配置したLEDにより、顔に影ができにくい


◆クリナップ
 ビテラスミラー

鏡の中にLED照明を内蔵されており、表面はフラットのため
清掃性も高い


洗面化粧台で使用するものが多い方には
収納がたっぷり取れる三面鏡もお勧めです。
最近では背の高い物、小さい物等細かく分別し
整理ができる商品もあります。


◆TOTO
 スウィング三面鏡

左右どちらからも開閉でき、あわせ鏡になる


◆LIXIL
 スマートポケット

散らかりがちなヘアピンや髪ゴムなどの小物をしまえる


ミラーだけでも、たくさんの種類があります。
使われる方のご要望にあわせて、使い勝手の良いミラーを
選ぶ際のご参考にして頂ければと思います。
お時間がありましたら、使い勝手や収納力を
各メーカーのショールームで体感するのも良いですね。


どの商品にしようか迷われる場合も
ぜひご相談ください。
大阪府内(一部地域を除く)、近隣エリアのリフォーム工事を承っております。
最適な商品をご提案させて頂きます!
トイレ、洗面、キッチン、お風呂リフォームはぜひ当社へお任せください。

カテゴリー:洗面

この記事は、2019.03.28コンシェルジュ温川が書いています。

 

浴室のキレイを保つために−大阪のお風呂リフォームはお任せください!

毎日、キレイなお風呂で一日の疲れを取りたいですよね。
浴室は、掃除をしてもすぐに汚れるというイメージがありますが
最近は、汚れに特化したユニットバスがたくさん出ています。
今回は浴室の掃除のポイントとあわせてご紹介していきます。


まず浴槽の汚れについて、
長期間使用していると、普段のお掃除や毎日の入浴で
細かな傷がつき、その傷の中に汚れが入り込んでしまい
なかなか汚れが落ちないことがあります。
浴槽の材質を、一般的なFRP(繊維強化プラスチック)より
人造大理石を選んで頂いた方が硬度が高く、傷がつきにくくなります。
また、表面が滑らかなためスポンジで軽くこするだけで
簡単に汚れが取れるので、お掃除の時間の短縮にもなります。


◆タカラスタンダード
 鋳物ホーロー浴槽
硬度はFRPの約5倍
ナイフで引っかいても傷がつかないため
汚れが染み込みにくい


◆クリナップ
 アクリストンクオーツ浴槽
硬度はFRPの約3倍
たわしでこすっても傷がつかない



次に浴室の床について
こちらもヌメリやカビ、水垢汚れがつきやすく
お掃除が大変な箇所です。
床表面に撥油性、親水性をもたせた商品があります。
撥油性のタイプは、汚れの主な原因である皮脂などの油を弾き
汚れを付きにくくします。
親水性のタイプは、水と馴染みやすく
汚れが浮いて落としやすくなります。


◆LIXIL
 キレイサーモフロア
撥油性、親水性どちらも兼ね備えている


◆TOTO
 お掃除ラクラクほっカラリ床
皮脂汚れと床の間に水が入り込み汚れ落ちがスムーズに



各メーカーそれぞれの特徴がありますので
お客様のお困りごとをお掃除の視点で
解決してくれるユニットバスを選んでみては
いかがでしょうか。

ここでカビ対策のポイントをご案内いたします。
@お風呂上がりに熱いシャワーをかけて汚れを落とす
Aその後冷たいシャワーをかける
B浴室乾燥機で乾燥させる


大阪府内(一部地域を除く)、近隣エリアのリフォーム工事を承っております。
お掃除のことだけではなく、お風呂のお困りごとなどありましたら
ぜひ、弊社にご相談ください。
お風呂、キッチンリフォームはぜひ当社へ。


 

カテゴリー:お風呂

この記事は、2019.02.21コンシェルジュ温川が書いています。

 

お手入れが楽!レンジフード −大阪のキッチンリフォームはお任せください!

キッチンの中でも、レンジフードのお手入れは重労働と感じられる方も多いと思います。


油の飛び散りにホコリまで付着し、ベトベト。
高い位置にあり、思うように掃除も行き届かない・・・


そんなお悩みも、『お掃除しやすい、お手入れ簡単なレンジフード』が
各メーカーよりたくさん出ているので、ご紹介いたします。


◆パナソニック
 ほっとくリーンフード
ファンの高速回転により、油を吹き飛ばす「油トルネード機能」付
ファンのお掃除は10年に1度でOK


◆LIXIL
 よごれんフード
高速回転するディスクが油分を分離し、フード内に油を含んだ空気を入れない
10年で1年分程度の汚れしか付着しない


◆クリナップ
 洗エールレンジフード
給湯トレイにお湯を入れ、ボタンを押す、フィルターが水流を作り
自動で汚れを落とす。


お掃除が楽になるポイントとして、
下記の点にも注目し、レンジフードの選定をしてみてはいかがでしょうか。


@フィルターレス
最近ではフィルターレスのレンジフードも普及しています。
フィルターの掃除は細めに行わなっていないと
吸い込みが悪くなってしまうため、頻繁に行わないといけません。
フィルター掃除から解放されるとなると、レンジフードのお掃除が大いに楽になります。


Aパーツは取り外しやすいか
ファンの脱着、装着は工具無しで取り外し簡単なものがお勧めです。


B角はフラットになっているか
レンジフードの折返しがなく、フラットになっているものが
油の溜まりがなく、お掃除が楽です。


C素材
汚れが落ちやすい素材かどうか。
親水性塗装が汚れ落ちが良いです。


残念ながら、レンジフードとお掃除は切っても切れない関係です。
出来る限り掃除がし易く、楽なものが良いですよね。
レンジフードのリフォームの際はぜひご参考に頂ければ、幸いです。
大阪のキッチンリフォーム工事はお任せください。

カテゴリー:キッチン

この記事は、2019.01.18コンシェルジュ温川が書いています。

 

トイレをお好きな空間に!−大阪のトイレリフォームはお任せください!

トイレのリフォームをお考えの方へ
ぜひご参考に頂きたいトイレ空間をご紹介いたします。


数年前よりタンクレストイレが人気を占めています。
お掃除がし易い、便利な機能がたくさん付いている、
トイレ自体がコンパクトなので空間が広く使えるなど
人気の理由は多数です。
そんな中で今回注目したのは、デザイン性です。


LIXILのタンクレストイレ『サティス』は
タンクレストイレの中でも人気の商品です。
その『サティス』を使用したオシャレな空間をご案内いたします。



ノーブルブラックのサティス+鳥をあしらった壁紙に白樺の木、小鳥のオブジェ



サティス+アクリルボックス



サティス+ライブラリー空間



ノーブルトープのサティス+リゾートホテルのような空間



今回ご紹介しましたトイレはLIXILの『サティス』です。
シンプルなデザインですので
空間にこだわりたい方へぴったりの商品です。


 
トイレのリフォームは、トイレの交換だけでなく
空間もオシャレに仕上げれば
楽しい空間になります。
また、トイレは他のお部屋と切り離された空間なので
思い切って個性を出してみるのもオススメです。


商品はもちろん、空間のご提案もさせて頂きます。
リフォームをお考えの方はぜひお気軽にお問合せください。
大阪府内(一部地域を除く)、その他近隣エリアの工事を承っております。
トイレ、洗面、キッチン、お風呂リフォームはぜひ当社へ!

カテゴリー:トイレ

この記事は、2018.12.10コンシェルジュ温川が書いています。

 

© イズホーム水まわり専科. All Rights Reserved.