相談やお見積などお問い合わせ

【南大阪】高品質・低価格のイズホーム・水まわりリフォーム専用サイト

コンシェルジュのリフォームコラム

コンシェルジュのリフォームコラム

キッチンを快適に−水栓編−

寒中お見舞い申し上げます。
寒い日が続きますが、みなさまお変わりありませんか。


本日はキッチンの水栓についてご紹介いたします。
キッチン全体を取り替えるのは、大掛かりな工事になりますが
水栓等のパーツのみの場合は、お気軽に交換をご検討いただけると思います。


キッチンの水栓と言ってもデザイン、機能など多種多様です。
まずは、最近主流になっているハンドシャワー付きの水栓です。
ほぼ、どのメーカーさんも取り扱いがあります。
水栓の先端からシャワーが引き出せ、シンクの隅々まで洗い流せます。
また、シンク〜水栓の高さよりも背の高いお鍋などを洗うのにも便利です。


◆TOTO
 GGシリーズ (品番:TKS05305J)


次に、水栓に浄水器が内蔵されたタイプです。
従来は別の浄水用水栓を設けて、浄水を出していましたが、内臓タイプだと水栓は1本のみでキッチンの見栄えも損ないません。


◆LIXIL
 オールインワン浄水栓 (品番:JF-AB466SYX)


水に着目して、汚れを簡単に落とせる水栓も人気です。
冬は水仕事による手荒れも気になる方も多いと思います。
短時間で汚れが落ちるのはすごく魅力的です。
水の勢いや、独自の泡沫で汚れにアプローチ。


◆タカギ
 水工房クリーンシリーズ (品番:JL307MN)


クリーンシャワーの水の「広がり」と「勢い」は、
鍋やフライパンにこびりついた汚れを洗い流す時や、
排水溝のヌメリ汚れなどの予防にとっても便利。
従来品より約40%の家事時短を可能にしました。


◆サイエンス
 ミラブルキッチン


半導体洗浄に使われるファインバブルの技術をキッチン水栓に。
ウルトラファインバブルが脂分やこびりついた汚れを吸着してきれいに洗い流してくれます。お肌の浸透力も高く、手はしっとりとうるおいが保ちます。


本日ご紹介した水栓はほんの一部です。
まだまだ他にも種類がありますので、気になった方はぜひお問合せください。
お家のキッチンに適合する水栓かどうかも含め、ご提案させていただきます。
お気軽にご相談ください。

カテゴリー:キッチン

この記事は、2021.01.16コンシェルジュ渡瀬が書いています。

 

セカンド洗面の活用法

 12月に入り、めっきり寒くなってきました。
みなさま風邪などひかれていないでしょうか。
昨今、手洗いの励行をよく耳にしますが手洗いが少しでもストレスなく出来ると良いですよね。
今回は、セカンド洗面についてご紹介いたします。


 『セカンド洗面』という言葉はその名前の通り、2台目の洗面です。
例えば1階に洗面化粧台、追加で2階に設置するのも『セカンド洗面』です。
最近では帰宅後すぐに手が洗えるというメリットから、玄関にセカンド洗面を設けることも多くなりました。
来客時に、お客様を洗面室へあまり通したくない場合もセカンド洗面が活躍します。


また、寝室に設置する方もいらっしゃいます。
寝室への設置は歯磨きや洗面、またドレッサーとしても利用できます。
お化粧と同時にコンタクトレンズを装着するなどの使い方もあり便利です。
セカンド洗面があれば、毎日の身支度も効率的になるかもしれません。
各メーカー、インテリアに溶け込むような素敵なセカンド洗面があります。


◆LIXIL
 どこでも手洗 
お好みのアイテムを自由に組み合わせて、色んな場所にお気に入りの手洗空間をつくることができます。




◆TOTO 
 ドレーナ ※2021年2月発売
造作家具のようにつくれる「ドレーナ」


◆Panasonic
 アクアファニチャー
インテリア性にも特化した省スペース設計で使いやすい洗面台。



セカンド洗面は手洗いや洗面だけでなく用途にあわせて設置できます。
例えば、泥だらけの靴や外遊びの用具などを洗うために実験用流しや多目的流しも適しています。
懐かしい雰囲気で、インテリアとしても人気です。


◆LIXIL
 実験用流し


お好みの洗面ボウルを探し、お好きなタイルなどを張りオリジナルのセカンド洗面を造作しても素敵ですね。
造作洗面も含め、色々とご提案させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー:洗面

この記事は、2020.12.09コンシェルジュ渡瀬が書いています。

 

寒い冬は温かいお風呂でゆったりと

 早いもので、今年も残すところ1ヶ月となりました。
ここ数日は暖かい日が続いていますが、もうすぐ寒い季節がやってきます。
寒い夜には温かいお風呂にゆっくりと浸かって疲れを取りたいものです。


 本日は、ユニットバスの保温性についてご案内いたします。
在来浴室=寒い、ユニットバス=温かいというイメージをお持ちの方も多いかと思います。
ユニットバスは家の中にさらに箱型のお風呂があり、その箱に脚がついているので直接熱を伝えにくくなっています。
構造上も保温性には優れていますが、他にも様々な工夫がされています。


◆TOTO 
 魔法びん浴槽
浴槽も周りに巻いている保温材によりお風呂の熱を逃がしにくく、また外からの冷気も防ぎます。


◆LIXIL
 サーモバスS
浴槽保温材と保温組フタの“ダブル保温”構造で、お湯が冷めにくいように工夫。




浴槽の保温性が高いと、差し湯の量や追炊きの時間が少なくて済み経済的です。
また、ユニットバスの床の多くは冷たく感じにくいように工夫されています。
ユニットバス全体を保温する仕様もあわせてご紹介いたします。



◆TOTO
 お掃除ラクラクほっカラリ床
床の内側にクッション層を持っています。そのクッション層が畳のようなやわらかさを実現。同時に断熱材の役割も果たすので冬場の1歩目もヒヤッとしません。



◆クリナップ
 常夏シャワー
床に向かって噴出するお湯のシャワーが、床面を一気にあたためます。


◆パナソニック
 床暖房ヒーター
寒い冬でも浴室に入る第一歩からあたたかく、身体を洗うときも、あせらずゆっくりできます。


その他、天井や壁に断熱材が入ったユニットバスもあります。


◆LIXIL
 天井壁床まるごと保温
バスルームの天井・壁・床に保温材をプラス、断熱性能を高めることで光熱費を削減できます。



また、浴室暖房などを追加し、寒さ対策をするのも良いですね。
各メーカー、色々な仕様があります。
商品により、標準搭載またはオプションのものがありますので気になる商品はご相談ください。

この冬はご自宅で温かいお風呂に浸かって、ゆっくりとお過ごしください。
お客様のご希望をお聞かせいただけましたら、最適なユニットバスの仕様をご案内いたします。
お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー:お風呂

この記事は、2020.11.20コンシェルジュ渡瀬が書いています。

 

キッチンとおそろいの収納でお部屋をコーディネート

長らくの間コラムをお休みをしておりました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
すっかり季節は秋めいてきました。
朝晩、日中の寒暖差が大きいので風邪などひかないよう、お気をつけください。

さて本日は、キッチン周りについてお話させていただきます。
キッチンのリフォームとご一緒にぜひご検討いただきたいのが、周辺収納です。
周辺収納とは大まかに、カップボード、家電収納、カウンターなどがあります。
もちろん、家具屋さんやホームセンターなどのカップボードも素敵なのですが
一番の魅力は、キッチン本体の扉色と合わせて、お部屋全体に統一感がでることです。
また、キッチンメーカーならではのこだわりの周辺収納がたくさんあります。
今回は周辺収納について詳しくご紹介いたします。


まず、食器や食品ストックを収納するカップボードです。
ご家族が多い、もしくは来客が多いご家庭だと食器の数も自ずと多くなります。
各メーカー、それぞれの特徴をご案内いたします。


◆パナソニック
 ・「回転アミカゴ」付食器収納

奥行きのあるキャビネットでも、回転アミカゴや内引出し付にすることで、奥の食器もさっと出し入れでき、効率よく収納できます。


 ・ストック食品収納

食品庫内の浮遊カビを抑制する「ナノイー」と湿度を調整する調質材「しつど番」で根菜類の収納ができる根菜キーパーも品揃え。


◆LIXIL
 ・2ウェイクローゼット


壁面全体を収納に活かせる大型収納です。
大型扉の中段エリアに昇降式の“窓”を設けました。扉全体を開け閉めしなくても、必要な物をサッと出し入れできます。



◆クリナップ
 ・システムエリア収納


引き戸タイプのシステムエリア収納はひと目で見渡せます。
高い位置のものを取るときの踏み台としても活用できる『ステップコンテナ』も特徴的です。



また置き場に困るごみ箱を、カップボード下部に収納可能なカップボードもあります。
カップボードの収納パターンは色々なバリエーションがあり、組み合わせができるプランもございます。
そして次に、家電収納をご紹介いたします。


普段はよく使うため、使い勝手の良い場所に置いておきたいですが
来客時などは簡単に隠せて、生活感がないようすっきりとさせておきたい、
という方も多いのではないでしょうか。


◆パナソニック
 スライドイン家電収納


オープンのままで使いやすく美しく。
家電を使わない時は、扉を閉じてすっきりと美しい家電収納です。
オープン時のみ通電するよう、安全機能付きです。


◆LIXIL
 家電タワー


普段はスイング扉を閉めて家電類を隠せるので、すっきりとしたキッチンになります。
蒸気排出ユニットにより、収納したままで炊飯や湯沸かしができます。


◆クリナップ
 扉付トール家電収納


来客時などはサッと隠すことができる扉付きの収納庫です。
電子レンジやオーブンレンジ設置部は扉を閉めると電源が切れる安全機能付き。



このようにキッチンの周辺収納の中には、色々なパターン、サイズ、デザインそしてバリエーションがあります。
生活スタイルに合った周辺収納を探してみてはいかがでしょうか。
間取りや使い勝手のご希望など、お聞かせいただけましたら
お客様にぴったりのキッチン周辺収納をご提案させていただきます。
お気軽にご相談ください。

カテゴリー:キッチン

この記事は、2020.10.26コンシェルジュ渡瀬が書いています。

 

コンパクトなトイレで空間すっきり−トイレのリフォームはお任せください!

ホテルのような広々したトイレでゆったりと過ごせるのは理想ですが


日本の住宅では、トイレの空間は限られており
狭さにストレスを感じている方も多いのではないでしょうか。


トイレ空間を有効的に使うのにお勧めのトイレが
タンクの無いトイレ、「タンクレストイレ」です。
タンクが無い分、一般的なトイレの奥行きより10cm近くコンパクトになり
大がかりな間取り変更の工事をせずに空間を広く使うことができます。
タンクが無い分だけ便器が奥に設置されるため、
手前にスペースが生まれます。
トイレの先端より壁までのスペースは50cm以上必要、
60cm以上あれば、身づくろいがしやすくなります。


近年、タンクレスのトイレは人気が高く
機能も充実しています。
各メーカーの商品をご紹介いたします。


◆LIXIL
 サティス
奥行き650mm 従来便器と比べて、奥行きが140mmも小さい


◆TOTO
 ネオレスト
奥行き692mm 従来便器と比べて、奥行きが約100mmもコンパクト


◆ジャニス工業
 スマートクリン
奥行き645mm 業界最小クラスのコンパクト設計


ただし、タンクレスのトイレの設置については、注意が必要です。
水圧で便鉢内を洗浄するため、
例えば、マンションの高層階になると水圧検査が必要になります。
また、タンク上の手洗いが付けられず、トイレ空間内に別途手洗器が必要になります。
上記の点で設置が難しい場合には、タンク付きの従来品よりもコンパクトな商品もあります。


◆LIXIL
 アステオ
奥行き710mm 先端機能を備えたコンパクトなトイレ


◆TOTO
 レストパル
奥行き713mm キャビネット付きトイレ


また、便器のリフォームと同時に
インテリアを変えることにより、より空間を広く見せることができます。
まず、壁紙・床の色を明るくすることにより、光が反射し広く見えます。
床に掃除用ブラシ、トイレットペーパー等を置くことで
狭い印象になるため、収納棚などを設け床に物を置かないようにします。


商品のご提案以外にも、インテリアのご提案もさせて頂きます。
お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー:トイレ

この記事は、2019.06.21コンシェルジュ温川が書いています。

 

© イズホーム水まわり専科. All Rights Reserved.