相談やお見積などお問い合わせ

【南大阪】高品質・低価格のイズホーム・水まわりリフォーム専用サイト

コンシェルジュのリフォームコラム

コンシェルジュのリフォームコラム

キッチンとおそろいの収納でお部屋をコーディネート

長らくの間コラムをお休みをしておりました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
すっかり季節は秋めいてきました。
朝晩、日中の寒暖差が大きいので風邪などひかないよう、お気をつけください。

さて本日は、キッチン周りについてお話させていただきます。
キッチンのリフォームとご一緒にぜひご検討いただきたいのが、周辺収納です。
周辺収納とは大まかに、カップボード、家電収納、カウンターなどがあります。
もちろん、家具屋さんやホームセンターなどのカップボードも素敵なのですが
一番の魅力は、キッチン本体の扉色と合わせて、お部屋全体に統一感がでることです。
また、キッチンメーカーならではのこだわりの周辺収納がたくさんあります。
今回は周辺収納について詳しくご紹介いたします。


まず、食器や食品ストックを収納するカップボードです。
ご家族が多い、もしくは来客が多いご家庭だと食器の数も自ずと多くなります。
各メーカー、それぞれの特徴をご案内いたします。


◆パナソニック
 ・「回転アミカゴ」付食器収納

奥行きのあるキャビネットでも、回転アミカゴや内引出し付にすることで、奥の食器もさっと出し入れでき、効率よく収納できます。


 ・ストック食品収納

食品庫内の浮遊カビを抑制する「ナノイー」と湿度を調整する調質材「しつど番」で根菜類の収納ができる根菜キーパーも品揃え。


◆LIXIL
 ・2ウェイクローゼット


壁面全体を収納に活かせる大型収納です。
大型扉の中段エリアに昇降式の“窓”を設けました。扉全体を開け閉めしなくても、必要な物をサッと出し入れできます。



◆クリナップ
 ・システムエリア収納


引き戸タイプのシステムエリア収納はひと目で見渡せます。
高い位置のものを取るときの踏み台としても活用できる『ステップコンテナ』も特徴的です。



また置き場に困るごみ箱を、カップボード下部に収納可能なカップボードもあります。
カップボードの収納パターンは色々なバリエーションがあり、組み合わせができるプランもございます。
そして次に、家電収納をご紹介いたします。


普段はよく使うため、使い勝手の良い場所に置いておきたいですが
来客時などは簡単に隠せて、生活感がないようすっきりとさせておきたい、
という方も多いのではないでしょうか。


◆パナソニック
 スライドイン家電収納


オープンのままで使いやすく美しく。
家電を使わない時は、扉を閉じてすっきりと美しい家電収納です。
オープン時のみ通電するよう、安全機能付きです。


◆LIXIL
 家電タワー


普段はスイング扉を閉めて家電類を隠せるので、すっきりとしたキッチンになります。
蒸気排出ユニットにより、収納したままで炊飯や湯沸かしができます。


◆クリナップ
 扉付トール家電収納


来客時などはサッと隠すことができる扉付きの収納庫です。
電子レンジやオーブンレンジ設置部は扉を閉めると電源が切れる安全機能付き。



このようにキッチンの周辺収納の中には、色々なパターン、サイズ、デザインそしてバリエーションがあります。
生活スタイルに合った周辺収納を探してみてはいかがでしょうか。
間取りや使い勝手のご希望など、お聞かせいただけましたら
お客様にぴったりのキッチン周辺収納をご提案させていただきます。
お気軽にご相談ください。

カテゴリー:キッチン

この記事は、2020.10.26コンシェルジュ温川が書いています。

 

© イズホーム水まわり専科. All Rights Reserved.